プロップ・トレーディング研究所(プロップ・ラボ)






Proprietary Trading Firm Laboratory

―プロの分析方法を学ぶ―

プロフェッショナルの分析方法を学ぶ


「最前線で戦うプロは、どの様な情報をもとにマーケットと対峙しているのか?」

これは、投資家の方達から頻繁に聞かれる質問であると同時に、「”何を”頼りにマーケットと対峙すべきかわからない」という皆さんの悩みでもあります。


「特別な情報があるのか?」

一部の世界ではあるでしょう。ただ、それらの多くは、その”一部の世界”の運用者のみに与えられた特権である事が殆どです。

結局のところ、”表に出ている情報”を拠り所にする事になり、多くのプロのトレーダー達も似たような情報を材料に、自分色の分析に落とし込みます。


ただ、同じ情報を利用したとしても、「勝てるトレーダー」には、「その他」と比較して明らかに異なるポイントあります。

勝てる人たちは、「基礎に忠実」であり、同じ材料でも「別の角度から物事を見る」事で大きな違いを生み出します。


マーケットの最前線で生きている現役トレーダー達が「どの様に基礎から物事を組立ているのか」、そして「どの様なアプローチで他とは異なる分析を行っているのか」。

プロップラボは、これら2つのポイントにフォーカスして、受講生の皆さんが日々刻々と移り変わるマーケットの中で「生き延びる力」と「分析力」の2つの能力を習得するための研究所になります。



プロップ・ラボの最大の特徴


ゴールド&原油市場をメイン・テーマとして市場全体を分析

プロップ・ラボでは、金融マーケットの診断書である「ゴールド」を通じて腰を据えた中長期目線の投資(受け身の投資)を学び、マーケットの血液である「原油」を通じて、より積極的な短期目線の投資(攻めの投資)を身に付けます。

ー受け身の投資ー

1.ゴールドをフィルターとして市場全体(為替ー金利ーコモディティ)を読み解く中長期目線の講義

金は、マクロ(世界経済)を映し出す鏡であり、言い換えれば金を見る事で「世界(株式・為替・金利・コモディティ市場全体)」をいち早く知る事が可能になります。また、ファンダメンタル・内外部要因・テクニカル分析が素直に値動きに反映される事から、体系的に中長期の投資スタイルを身に付ける上で最も相応しい銘柄である事から、当塾ではゴールドを軸の一つとして講義を行います。


ー攻めの投資ー

2.金融マーケットの血液である「原油市場」をテーマに、より実践的な技術を学びます

―コモディティ最大のマーケット
―経済の血液としてあらゆる市場に影響を与える
―長中短期+日計り、全ての時間軸の取引が可能
―アウトライト、スプレッド、アービットラージ、全ての手法が機能する(※先物市場が主)

原油市場は、マーケットの血液と表現されるように、他市場とリンクするケースが多い事から常に注目される存在ですが、特にフューチャーズ市場においては、アウトライト、スプレッド、アービットラージ、全ての手法が機能する豊富な流動性がある事から、特に「手法・戦略」を実践レベルで習得するには最適な市場となります。

あらゆる市場の中でも、「マーケットの機能と利点」を効率的に学べるベストな商品の一つと言えるでしょう。

 

講義の構成

➀デイリーレポート:月~金の市況解説

➁ウィークリーレポート:週一回(土曜又は日曜)の市場分析

③ウィークリー動画講義:当講義でフォーカスする市場の解説と考察(トータル約45分/週)

➀デイリーレポート:月~金の市況解説

日々、日本時間3:00-6:00の間にアジア~欧米時間の流れを総括してレポーティング(コモディティ・為替・金利)。日中ベースで特筆すべきポイントがなければ「何も無し!」で独自分析を、そして、動いた日はポイントを絞り込んだ簡潔な解説を日々配信します。

以下、サンプル

7/9 3:00

現在価格と前日比(※価格は先物市場のアクティブマンス)

〇マーケット:米金利の動向が焦点

〇ゴールド:etf残高は減少傾向

〇WTI原油:足元ばかり見るから負ける

〇ビットコイン先物:安全地帯から抜け出せず

<マーケット・サマリー>

おはようございます。

先週金曜日の米雇用統計もトータル予想の範囲内という事で、マーケットのリアクションも薄く無風状態で時間が経過する展開となりましたが、最近では、市場参加者も指標やイベント等の結果を入念に分析し、事前に数値化したポジション調整を行う傾向もあるため、本番時におけるリアクションも控えめですね。

やはり、米中の追加関税やイラン産原油の輸入停止要求等々、手探りで調整せざるを得ない地雷が散りばめられている中、指標だけに照準を合わせる様な「普通の戦略」は敬遠される傾向にあります。

さて、今週は、各国中央銀行の要人の会見が控えていますが、やはり12日の米CPIと合わせ、フラット化が進行する米長短イールドの動向が注目されます。長短イールドに関しては、少し先の将来の視点の話になりますが、じわりと緩やかなペースで市場に浸透するため、例えば、ドル円ロングのスタンスなのであれば、「出口は〇月頃まで」と言った事前の対策も必要になりますね。

原油市場は現状価格が高止まりしており、その背景はディーラーズマインドで詳細が述べられていますが、やはり重要なのは、余り「近視眼的に見ない事」であり、ドンパチの中心地から一歩引いたスタンスが必要になります。

わからない時は市場に聞く。「何時になれば、“この”勢いは静まるのですか?」と。その為に先物市場では「限月」が存在し、それは、参加する・しないに関わらず誰もがフェアに確認できるデータになっています。

今週も一週間楽しんでいきましょう。



 

➁ウィークリーレポート:週一回(土曜又は日曜)の市場分析

COTレポート(CFTC建玉明細/市場に大きな影響を与える”投機筋”等のポジション動向)の分析を主に、ファンダメンタル・内外部・テクニカルの目線で市場を考察。「プロは、どの様な方向からマーケットを紐解くのか?」その答えと学びのための分析レポートになります。

※サンプルは、以下「カリキュラムの詳細」の”ウィークリーサマリー 5/19 2018”でご確認頂けます。

 

そして、最後は

③ウィークリー動画講義:当講義でフォーカスする市場の解説と考察(トータル約45分/週)

ウィークリー・ダイジェスト、ゴールド、オイルを三本柱として、➁の補足と実践レベルのレクチャーを動画解説します。

以下、「ゴールド講義」サンプル。



ウィークリー動画:ゴールド(メタル-ドル-金利)ー何をどうやってもタイミグが全てー 2018年7月14日

一週間に一度の「ゴールド」の動画講義。➁の分析レポートをもとに1週間の動向とフォーキャストをわかりやすく解説


 

塾生限定のサービス


①受講生専用ディスカッション・スペースの利用

学習用収録動画の下のスペースに「コメント」欄があります。そのコメント欄を通じて受講生の皆さんは、他の受講生の方々や塾長の吉中と動画に関するディスカッション等が可能となります。内容は、講義に直接的に関係する事、または関連した質問疑問等を投稿して下さい。受講生の皆さんの質問やコメントで成り立っているため、しっかりとルールを守った上で活用して下さい。

➁英知の閲覧権

講師の吉中が、一週間に一度、本質的かつ普遍的なアイデアやノウハウを「英知」に書きとめアーカイブとしてストックしています。

また、①のディスカッションが増える過程において、受講生の皆さんと共有し解決すべき質問・疑問が出てくることが多々あります。講義に直接関係する分析方法、余り外では言及されていない特殊な市場動向、その他「投資を始めるための手順のA-Z」といった事まで。基本的には、超基礎的であれ上級編であれ、質問に対する答えが普遍的な事柄であれば適時、講師が「英知」にアップしアーカイブとして残していきます。

受講生の皆さんが道に迷ったとき、ピンポイントで疑問がある時などは「英知」を活用して下さい。

このコースは月額購入プランになります

受講手続きを頂いた日から1ヶ月毎に受講料をお支払いいただくプランです。例えば4月1日にお申込みを頂いた場合は、以後5月1日、6月1日・・・と続きます。

退会はコース内から2クリックで完了し、それ以降の課金、退会費用、隠れた手数料は一切ございません。受講開始直後から付属コースを含めたカリキュラムへのアクセスが可能です。

退会手続き後も、お支払済みの期間満了までは、何度でもコースにアクセスしていただけます。

※コース内容のご確認、解除の方法は講義内「購読の確認と退会方法」をご確認ください。

カリキュラムの詳細


  2018年8月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年7月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年6月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年5月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年4月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年3月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年2月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  2018年1月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  12月配信レポート
有効になるまで
日 参加をした後に
  11月配信レポート(2017)
有効になるまで
日 参加をした後に

講師


バーグインベスト
バーグインベスト

さあ始めましょう!



※ご注意

・当コースは返金保証の対象外となっております。なにとぞご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

・アカウント登録の際に英字が表記された場合

こちらをご参照ください。

・「サインアップ」または「このコースを受講する」をクリックすると「サインアップするBURGINVEST online」に進みますが、「利用規約」と「プライバシーポリシー」の説明が英語の表記となっています(I agree to the terms of Use and Privacy Policy/私は次の規約を確認し同意します)。

お手数ですが「利用規約」と「プライバシーポリシー」は、以下のリンクからご確認の上、講義の受講をお願い致します。

※利用規約とプライバシーポリシー

以下をご確認の上、講義の受講をお願いいたします。

利用規約

プライバシーポリシー

※以下、特定商取引法に基づく表示をご確認ください

特定商取法に基づく表示

免責事項

本講義は教育的な目的でのみ用いられるものであり、自己の責任に基づき独自にご判断下さい。また、開示する情報や過去の結果は将来を保証するものではありません。
口座開設や投資の判断はすべて自己責任で行われるべきであり、そのいかなる結果にも当社は責任を負いません。また、本ホームページ及びその内容を無断でコピー、引用等する行為は禁止します。