THE CLASSIC OF INVESTMENT EDUCATION

―投資教育の探究者―


わたしたちは、投資教育の先駆者、探究者として最高水準の技術とノウハウ、そして楽しみ方を世界中の投資家の皆様に提供しています。

バーグインベスト株式会社は、当社の技術とノウハウを継承した技術者/運用者が、次の世代に再び継承するサイクルの中で生み出される“新しい世界”を大切にします。

わたしたちは、このプロセスを通じて、投資の楽しさ、投資の世界に触れる魅力ある旅のお手伝いをします。

確かな技術やノウハウを求めこの場所に訪れる皆さまのために、投資の世界に魅了された全ての人たちのために、この分野の探究者として“投資教育”を追求し続けます。

バーグインベスト株式会社

 
Gpp3jub2smgf36sapidy

マスター・オブ・トレード(基礎講義)

これまでの視界に映っていたのはマーケットのほんの一部の世界。 水面下の世界を読み解き、圧倒的な優位性を手に入れる。

   コースの紹介動画を見る

-MASTER OF TRADE-


ニュースやチャートの中で目に映る数字は大きな動きの情報の一つに過ぎず、動きの本質を正しく読み解くにはより深いレベルでの考察が必要となります。


氷山の一角からは水面下の表情を知る事が出来ず、目の前の数字のみを頼りに市場に参入すれば、結局は、あらゆるタイプの相場観に飲み込まれ真の変動要因を知らないまま市場から撤退する事になります。



マスター・オブ・トレードでは、その水面下の世界を読み解くための土台を築き、マーケットで生き残っていくための型を身に付けます。


そして、その型の上に戦うための戦略とツールを構築する事で圧倒的な「優位性」を手に入れます。


これを可能にするのが、プロップの運用集団が積み重ねてきたノウハウであり、他と一線を画すエッセンスが凝縮された講義ーマスター・オブ・トレードーになります。
 

当講義を受講することで、以下を習得できることができます。


①型:マーケットの本質を読み解く能力(3つの鍵)

②技:アウトライト・スプレッド・アービットラージ(3つの手法)

③心:セルフコントロールと資金管理

①型:マーケットの本質を読み解く能力(3つの鍵)

ここでは、内外部要因・ファンダメンタル・テクニカル(分析)の3つにフォーカスして、あらゆるタイプの市場で共有できる土台を構築します。

1つの視点による"宝の山"が絶好の場所と考え参入したものの、実は自身の考えとは真逆の転換点であった事は無いでしょうか。
単一の材料では状況判断が難しくとも、3つの視点でバランスよく俯瞰する事で初めて「適正な場所」が浮き彫りになります。

3つの鍵から浮き彫りになるポイント(WTI CRUDE OIL)

また、例えば「A市場ではテクニカルが効きやすい」といった認識からテクニカル一辺倒の戦略に落とし込みマーケットに参入する、といったケースが多く見られます。
最終的に撃ち落とす手段は、それが適切でさえあれば何でも構いません。ただし、3つの要素を理解した上で一つを選択する事と、他の二つを知らずして一つのみを選択する事は大きく異なります。

3つの鍵から浮き彫りになるポイント

各要素をバランスよく取り入れる事が、より強力かつ優位性のある戦略を組立てる秘訣になります。


➁技:アウトライト・スプレッド・アービットラージ(3つの手法)

身に付けた型の上に乗せるのが「3つの手法」になります。市場タイプによって、3つのいずれかがフィットしやすい手法もあれば、余り効果的でないケースが意外に多く存在します。

例えば、コモディティの様に3つの手法が広く適合する市場もあれば、為替市場の様にアウトライトが最も好まれる市場もあります。ただ、典型的な傾向をおさえても銘柄毎に個性も少しづつ変化するのも事実です。

つまり、いずれにしても①で学んだ型のバランス感覚が重要であり、その上で最も適切な手法を選択する必要があります。

例えば下図は、一般的にはテクニカルを重視する参加者が多いと言われている市場ですが、テクニカル単体でのアプローチでは無く、まずは①の型を踏まえ、そして、そのフィルターを通す事でよりテクニカルが優位性のある存在になります。

テクニカル+内外部が重なる場所
※アウトライト

また、この考え方はスプレッドやアウトライトも同様です。
この二つの手法は、一般的には主にヒストリカルの数字が重視される傾向にありますが、まずは①「3つの鍵」をバランスよく俯瞰した上でヒストリカルを重ね合わせる事で、より重要な分岐点が浮き彫りになってきます。

例えば、下図はWTI原油とカレンダースプレッド(※限月間取引、例えば2017年12月vs2018年12月といった様に売りと買いのポジションを保有する事)の推移になりますが、ヒストリカル(テクニカル分析)単体のアプローチだけを判断材料にするのではなく、他の要素(内外部+ファンダメンタル)を組入れる事で、「スプレッド」という手法がより強力なツールになってくれるのです。

ヒストリカル+内外部+ファンダメンタルが重なる場所
※スプレッド

ここでは①の「型」を身に付けた後、各市場の”癖”を読み解き最も効果的な手法を選択する考え方を学びます。


③心:セルフコントローと資金管理

「型と技」を支えるのが「資金管理」。

一回の利確で勝負が終わるわけではなく、投資を続ける限り「管理」と揺るがないメンタルが必要になります。また、「管理」が出来ないからと言って他者に管理を委ねる事もできないでしょう。

内外(自分自身と対人や周りの環境)でどのようなリスクが潜んでいるのか、自分を知り相手を知る事でリスクを管理する必要があります。

セルフコントロールと資金管理では、上記の内容を包括的に学び、加えスプレッドシートなどの取引環境についても言及されています。

下の動画は、この講義の全体像をシンプルに紹介しています。

※動画はオンライン版作成当時のものになります。新たに加えられたセクション・レクチャーに関する質問等は別途お問合せ下さい。


カリキュラムの詳細


  セクション2:3つのカギ(内部要因/ファンダメンタル/テクニカル)
有効になるまで
日 参加をした後に
  レポート アーカイブ
有効になるまで
日 参加をした後に

<受講Q&A>

Q.効果的な勉強方法はありますか?

各セッション毎に「任意課題」があります。ご自身の理解度を確認するための有効なツールですが、内容を講師に提出し、質問/フィードバックの問合せも活用して下さい。
また、「バーグオンライン」を活用するして受講生とアイデアのシェアを行う事も可能です。


Q.内容は難しくないですか?

講義は、土台から上物を組立てるプロセスにおいて一貫して分かり易い表現で進められます。基礎であるがゆえに習得に時間が掛かる、という見方もできますが、理解できない箇所などありましたら遠慮なくお問合せ下さい。


Q.利用中ですがなかなか向上しません

取組のプロセスの中で必要となる視点が不足している時があります。ケースにもよりますが、同じような状況で質問を下さった受講生の方も、講師への質問と回答により問題を解決されました。
ご自身の習熟度合に疑問や不安がある時はお問合せ下さい。


Q.どんな銘柄に合いますか?

主にコモディティや為替をはじめ、株価指数や金利市場などでも応用して頂ける内容になっており、取引形態は手法に柔軟性のあるフューチャーズ、またその他取引形態でも可能です。(尚本講義では、国内外問わず受講生の方がフェアに学べる環境を提供する為、公正な価格が提供される「先物取引所上場銘柄」を多くのケースで利用しています。)


Q.敢えて難しいポイントを教えて下さい。

MOTでは、家を作るイメージで講義が進められます。つまり、土台から物事を造り上げる作業になりますが、時として「時間が掛かる」、「上物だけを知りたい」といった気持になるかもしれません。しかし、当講義では瞬間的に旨味がある戦略のみや、広まれば一瞬で効果が打ち消される様な手法では無く、どの様な状況下でも対応できるような土台と技をお伝えする事に拘りを持っている事にご理解を頂ければと思います。


Q.末永く使えるものかですか?

土台の部分を学ぶ事にそれなりの努力が必要である事は、その結果が証明してくれます。一瞬で効果が消える様な上物を講義の対象としておらず、当社のプロの運用者が長きに渡り利用し、そして現在でも運用の柱となっているノウハウから生み出された講義になります。


Q.講義終了までの時間はどのくらいですか?

ご察しの通り個人差があります。受講生の方それぞれで生活スタイルが異なる様に、投資スタイルもまた異なります。一つの目安としては、対面講義が約3カ月の期間(週一回)となっており、オンライン版も対面版をベースに作られている事を踏まえると、おおよそ1~3カ月以内の期間が想定されます。


Q.どの様な取引スパンが一番理想的なのですか?

セクション6の「3つの領域」でも言及されていますが、まずは長中短期の視点で落とし込むプロセスを学び、その後は「自身にとって最も快適な時間軸で取引する」事が理想になります。特定の銘柄にご自身の時間を合わせるより、自身の時間に合う手法と銘柄を選択する事が一番大事になってくるはずです。

上述の手法や資金管理、同様にとても重要なポイントになります。


〇想定する受講者層/受講して頂きたい方

・基礎から学びたい方
・内部要因やファンダメンタルそしてテクニカルを包括的に学びたい方
・プロフェッショナルの視点を吸収したい方
・これまでの手法に新しいアプローチを組入れ更なる向上を目指したい方
・基礎の学びをスキップし、上物(情報ツール)からマーケットに入ったため結果を残せていない方


講師


吉中晋吾
吉中晋吾

吉中晋吾(よしなか しんご)

1974年生まれ
バーグインベスト株式会社 CEO/代表取締役社長
商社系ディーリングハウスや独立系運用会社にて、主にコモディティ・ディーラーとして第一線でディーリング業務のキャリアを積み重ねてきた叩き上げ。ジェネラルマネージャーとして、また運用部門を統括する立場としてディーラー/トレーダーの育成に専念し、多くの国内外で活躍する運用者を輩出する。
趣味は、リーガエスパニョーラ、食べ歩き、音楽(ジャズ・ファンク・フュージョン)

[代表者のメッセージ]

バーグインベスト株式会社CEO吉中です。

弊社ウェブサイト並びに「マスター・オブ・トレード(MOT)」をご覧になって頂き有難うございます。

弊社は、運用のプロフェッショナルズで構成されたプロップ会社(自社資金運用を専門に行う会社)として2012年に設立されました。

会社の使命でもある「次世代の運用者の育成」を進めるため、程なくしてプロを目指す方を中心にMOTの原型となる教育事業をスタートさせました。

年月を経て少なくとも形として整ってきたのは、これまで指導を受けてくれたディーラーやトレーダー達のお掛けだと思っています。


ただ、限られた範囲内での活動は、プロ中のプロを育てる事にフォーカスできる一方で、より広い範囲において、投資のフィールドを拓き耕す活動が疎かになってきた事も事実でした。


また現在では、プロを専門に育成する機関も少ない事から優れた運用者の数が減少していますが、それ以上に「個人投資家」の皆さんが真に有益な技術やノウハウを身に付ける環境も少ない状況にあります。


マーケットが活発に機能するには、強い使命感を持ったプロの運用者、そして優れた投資教育を受けた幅広い層の参加者が必要です。

弊社MOTは、その土台そのものを作り広げて行く必要性と使命感から発足した教育プログラムになります。


MOTの前身を10年前にスタートして以来、多くのプロフェッショナルが生まれ、現在では指導してきたディーラー達の多くが独立し、国内外でプロの運用者として活躍しております。

今後は、より広い範囲においてこの活動を展開し、皆さんとマーケットの学びや楽しさを共有したく思っております。

MOTが、受講される皆さんを「目標とする場所」に導く存在となる事を心より願っております。


MOT講義でお会いしましょう。

CEO 吉中晋吾

よく受け取る質問と回答


講義で不明な点は質問できますか?
受講中の不明点はディスカッションやメールを通じて何度でも回数無制限でお答えします。
スマホで受講はできますか?
アンドロイド端末、iphone, ipad全て問題ありません。受講画面は端末に合わせて自動で最適化されます。
パソコンがクラッシュしても再度の受講はできますか?
もちろんです。講義は安全なクラウド上にデータを保管しておりますので、再度ログインのうえ変わらず受講が継続できます。
カード情報は大丈夫なのでしょうか?
支払いには米国のStripeという最新の暗号通信を取り入れたゲートウェイを利用しております。取引は全てSSLで暗号化された環境で行われますので、安全です。

※ご注意

・当コースは返金保証の対象外となっております。なにとぞご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

・アカウント登録の際に英字が表記された場合

こちらをご参照ください。

・「サインアップ」または「このコースを受講する」をクリックすると「サインアップするBURGINVEST online」に進みますが、「利用規約」と「プライバシーポリシー」の説明が英語の表記となっています(I agree to the terms of Use and Privacy Policy/私は次の規約を確認し同意します)。

お手数ですが「利用規約」と「プライバシーポリシー」は、以下のリンクからご確認の上、講義の受講をお願い致します。

※利用規約とプライバシーポリシー

以下をご確認の上、講義の受講をお願いいたします。

利用規約

プライバシーポリシー

※以下、特定商取引法に基づく表示をご確認ください

特定証取法に基づく表示

免責事項

本講義は教育的な目的でのみ用いられるものであり、自己の責任に基づき独自にご判断下さい。また、開示する情報や過去の結果は将来を保証するものではありません。
口座開設や投資の判断はすべて自己責任で行われるべきであり、そのいかなる結果にも当社は責任を負いません。また、本ホームページ及びその内容を無断でコピー、引用等する行為は禁止します。

さあ始めましょう!



銀行振込でのお申し込みをご希望の場合

銀行振込での受講をご希望の方は、以下のリンク先からご連絡ください。折り返し、決済方法等をご案内させていただきます。

http://www.burginvest.co.jp/contact/